一人暮らしの化学徒 じょん。の日記

親元を離れて、大阪で一人暮らしをする阪大生のブログです。

現役阪大生が語る ”大阪大学のリアル”

f:id:john_chemix:20190421195006p:plain


 こんにちは!じょんです。

 

 一つ目の記事、何にしようかなと結構悩んだんですが、阪大の話が一番みんなに見てもらえるんじゃね?と思いまして、入る前の入った後の阪大のイメージついてでも書いていこうかなと。この記事にたどり着いた人の中にはきっと阪大志望の高校生や浪人生もいるんじゃないでしょうか。そんな人に少しでも阪大が伝わればいいなと思います。

 

 僕の入学前の阪大のイメージ、言い換えれば、外部の人(主に受験生)から見た阪大のイメージみたいなものでしょうか。そんなことについて書いてみようかなと。

めっちゃ賢い大学

 阪大と言われれば日本の中でもかなり賢い大学というのがぱっと思い浮かぶのではないでしょうか。実際、阪大は国立最高峰グループである旧帝大(東大、京大、東北大、九大、北大、阪大、名大の戦前からある国立の大学グループ)です。どの大学も非常に高い偏差値です。偏差値だけで言えば東大京大、その次のあたりに我らが阪大が来ます。およそ上位2%前後だと教授が授業中に言っていました。

研究のレベルが高い大学

 賢い大学だからもちろん研究のレベルも高い大学です。中でも免疫関係がとても強い大学です。ただ、残念ながらノーベル賞が出ていません。そのせいもあってか世間からの評価はめちゃめちゃ高いと言うことはありません。

就職に有利

 賢くて、実績もある大学なのでもちろん就職もいいです。有名企業に多くの卒業生の人が行っています。

 

 これがまあ一般的な阪大のイメージではないでしょうか? 

 次にお待ちかねの入学後に思った阪大のイメージです。

勉強熱心な人が多い

 遊んでたりする人も多いですが、なんだかんだしっかり勉強しています。比べたことはないですが、ほかの大学よりも平均的には多い気がします。過去問だけ解いてその場しのぎみたいな人はほとんどいません(少なくとも周りには)。大半の人が過去問と教科書等の演習をやりまくっている感じです。周りもやっているから自分もやらないといけないという気持ちになりやすいです。知らない間に大学でしっかりと知識をつけられると思います。4年間遊びまくったぜとは絶対になりません。これが良いところか悪いところかは人それぞれだとは思いますが……

意外に単位取得が鬼じゃない

 よく阪大は「大阪湾に単位が沈んでいる」と言われるぐらい単位取得が難しいと言われています。ただ、実際に受けてみると確かにしんどいですが、勉強が忙しすぎて何もできないみたいなことにはほとんどないです。バイトやサークルをする余裕は普通にあります。(だからと言って全く勉強しないとさすがに落ちますが……)

ノーベル賞受賞者はいる

 ついさっき、ノーベル賞が出てないよと書きましたが、実は出てるんだそうです。湯川秀樹さんです。湯川さんと言えば、中間子の存在を予言したことで日本で初めてノーベル賞を受賞した偉大な研究者です。一般的には京都大学での業績とされていますが、うちの学部の教授曰く、「確かに京都大学出身ではあるが、論文を書いた当時は大阪大学で研究していた」らしいです。(あまり詳しいことは知りませんが……)阪大の理学部には今も湯川先生が使っていた黒板があったり、博物館には湯川先生に関することがたくさん展示されています。

意外にとんでもない研究をしている

 湯川先生の研究がとんでもないことは言うまでもないですが、ほかにもいろいろな研究があります。例えば、日本で一番最初に電子計算機の開発をスタートしたり、細胞融合という現象を発見したり(この研究はがん医療や遺伝学、新薬など幅広い分野で必要となっている。細胞工学。)、国産初の電子顕微鏡を作っていたりと今まで幅広い分野でとても重要な研究をしています。詳しくは大阪大学総合学術博物館に行くといろいろわかるかと思います。入館無料なのでぜひ! 

意外に知らない人が多い

 今までいいところばかり書いてきましたが、少し残念なことも…… 思っているより知名度がないです。関関同立関西大学関西学院大学同志社大学立命館大学)よりも低いかもしれません。やはり、東大京大と比べると雲泥の差です。阪大というとどこ?となる人もそこそこいます。中には阪大を関大と聞き間違えて、訂正すると関大は知っているけど阪大を知らないという人もいます。悲しいですが、メディア露出が少なかったり、世間で有名な方が少ないので仕方ないのかなと思います。

不祥事を起こしまくっている

 ここ数年の話ですが、まーじーで不祥事が多いです。入試ミス、パワハラ、データ流失不正受給などなど本当にいろいろな種類の不祥事が置きまくっています。これもあってか、かなり評価が下がってしまっています。とても残念です。いい大学なのに。とりあえず、この流れが止まればいいなと思います。

緊急時対応がクソ(だった)(今はかなり改善されている)

 昨年、地震や台風といろいろな災害がありました。その時の対応は本当にひどいものでした。地震のあとに休講かどうかの連絡がお昼回るまで来なかった(地震は早朝)。中には遠くから来た生徒もいたそうです。(もちろん僕は身の安全を考えて行きませんでしたが……)後になってこの期間は来てなかったとしてもOK などと言い出し、家がぐちゃぐちゃなのに投稿していた生徒や自分のことも大変なのに講義をしていた教授などがブチギレでした。台風の時も電車がもう止まるとなっているのに休講にせず、止まってから休講にし、帰宅困難となった生徒がいました。

そんなこともあってか、昨年度末にいろいろなシステムを導入していましたが、まだ一度も使う場面がないので少し心配ではあります。

天津麻婆丼がうまい

 最後はいい話で。阪大の食堂の名物天津麻婆丼はおいしいです。どれくらいおいしいかというと、カップヌードルのシーフードぐらいおいしいです(個人の主観丸出し)。ちなみに外部の人でも食べることができるので阪大に来た際はぜひお試しあれ! 

 

 さて、書いている僕のおなかがそろそろ限界なのでこの辺にしておきます。少しでも阪大のことを知っていただけたならうれしいです。

それでは~~~